• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ソフトウェア・システム 』 内のFAQ

400件中 1 - 10 件を表示

1 / 40ページ
  • SDI検索式はどのように登録するのですか?

    SDI機能には、「スタンダードSDI機能」とオプションサービスの「ワークフローSDI機能」の2種類があります。SDI検索式の登録は以下のように行います。・スタンダードSDI機能 個人が作成した検索式検索式を自由にSDI検索式として登録します。・ワークフローSDI機能 知的財産部門などの管理部門がSDI検索式の登録を管理します。 詳細表示

  • 新しく買い替えたパソコンに「読取革命Lite」をインストールするには?

    スキャナー(もしくはプリンター)製品付属のセットアップCD-ROMを使ってインストールしてください。 「読取革命Lite」は、スキャナー(もしくはプリンター)製品のホームページからダウンロードして入手することはできません。 また「読取革命Lite」は同時に複数台のパソコンにインストールして使用することもできません。「読取革命Lite」をインストールしているパソコンからアンインストール... 詳細表示

  • クライアント版とサーバー版の違いは何ですか?

    クライアント版では、1台の端末で認識処理と確認・修正作業を行います。 サーバー版では、サーバー側で認識処理と認識結果の保存を行い、複数のクライアント端末から同時に認識結果の確認・修正が可能です。同時接続できる最大のクライアント数は30台です。 詳細表示

    • No:4469
    • 公開日時:2016/03/31 09:19
    • カテゴリー: 帳票OCR
  • Windows 7で、ダイアログ画面などに表示されている文字が途中で切れて表示されています。

    原因Windows 7のHigh DPI機能の表示に対応していません。各機能は、そのままご利用いただけます。対応方法文字の大きさを規定の倍率に設定することで、正常に表示できます。1. 該当ユーザーでWindowsにログオンします。2. デスクトップ上で右クリックし、[画面の解像度]をクリックします。3. [テキストやその他の項目の大きさの変更]をクリックします。4. [小-100%(規定)]... 詳細表示

    • No:1253
    • 公開日時:2014/02/02 21:57
    • カテゴリー: 4.トラブル
  • 読取革命とは何が違いますか?

    「読取革命」は、活字をOCR認識し、紙文書やPDFファイルを同じレイアウトのまま、Word、Excel、PowerPointなどのファイル形式に変換することができるソフトウェアです。 「帳票OCR」は、定形帳票の活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどをOCR認識し、編集可能な電子データ(CSVファイル形式)に変換することができるソフトウェアです。また、帳票画像の「... 詳細表示

    • No:4467
    • 公開日時:2016/03/31 09:16
    • カテゴリー: 帳票OCR
  • 認識率(認識精度)を教えてください。

    原稿やスキャンの状態によって認識率は異なります。特に手書き文字については書き方によっても変わりますので、実際に無料体験版をお使いになり、ご確認ください。 詳細表示

    • No:4480
    • 公開日時:2016/03/31 09:24
    • カテゴリー: 帳票OCR
  • 「読取革命Lite」をアンインストールしても、インストールしたフォルダーやショートカットが削除されずに残っています。

    「読取革命Lite」をアンインストールした後に、インストールしたフォルダーやショートカットが削除されない場合は、手動で削除していただく必要があります。【インストールしたフォルダーを削除する方法】アンインストール後に、「読取革命Lite」をインストールしたフォルダー(通常: C:\Program Files\Panasonic\YomikakuLite)が削除されずに残った場合は、エクスプロー... 詳細表示

    • No:1389
    • 公開日時:2014/02/02 21:58
    • カテゴリー: トラブル
  • 「近傍検索」とは何ですか?

    単語と単語の距離を検索条件として指定することで、より関連度の高い情報に絞り込むことができる検索方法を「近傍検索機能」と呼びます。「PatentSQUARE」では、「近傍検索」を標準機能として搭載しています。 詳細表示

  • ライセンス形態はどうなっていますか?

    クライアント版は、パソコン1台につき1ライセンス、サーバー版は、サーバー1台につき1ライセンスのご購入となります。 なお、サーバー版に付属の「同時修正クライアント」を導入するパソコンの台数に制限はありませんが、同時接続できる最大のクライアント数は30台です。 詳細表示

    • No:4470
    • 公開日時:2016/03/31 09:19
    • カテゴリー: 帳票OCR
  • 帳票OCR ファイルネーミングとは何が違いますか?

    「帳票OCR ファイルネーミング」は、大量の紙文書や帳票などを電子化し、スキャンデータのOCR認識結果やスキャン日時をファイル名に設定して、PDFファイルや画像ファイルとして保存することができるソフトウェアです。 ファイル名の自動設定だけでなく、複数ページのスキャンデータをフォーマットや認識結果が一致したページごとに自動分割、全文検索が可能な透明テキスト付きPDFファイルへの変換、指定... 詳細表示

    • No:4468
    • 公開日時:2016/03/31 09:18
    • カテゴリー: 帳票OCR

400件中 1 - 10 件を表示