• No : 5760
  • 公開日時 : 2022/04/25 11:35
  • 更新日時 : 2022/05/17 12:21

Bluebeam Revuのトラブルシュート方法

Bluebeam Revuが何らかの理由で起動しない、正常動作しないなどの場合に、トラブルシュートのためサポートから以下の対処をお願いする場合があります。
 
■解決策0:
Revuの再起動を行う。
OSの再起動を行う。
WindowsUpdateを行う。
デバイスドライバーのアップデートを行う。
 
■解決策1: Revuの設定のリセットを行う。
 
■解決策2: Revu の修復を実行します。
  1. コントロールパネルを開く(スタートメニュー>Windowsシステムツールから
  2. ​​​​​コントロールパネルで「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  3.  プログラムの一覧で Bluebeam Revu を右クリックします。
  4. 修復」をクリック
 
■解決策3: 再インストールを行う。
標準インストーラーを使用して、再インストールを行います。
  1. Revuのメニュー「Revu>登録解除」からライセンス解除を行います。
  2. コントロールパネルを開く(スタートメニュー>Windowsシステムツールから)
  3. ​​​​​コントロールパネルで「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  4.  プログラムの一覧で Bluebeam Revu を右クリックします。
  5. アンインストール」をクリックし実行します。
  6. 標準インストーラーを起動して、インストールを行う。
  7. Revuのメニュー「Revu>登録」からライセンス登録を行います。
 
■解決策4: Visual C++ ライブラリを再インストールする
以下からダウンロードできるVisual C++ ライブラリを再インストールします。

■解決策5: MSIインストーラーを使用して再インストールする
以下からダウンロードできる MSI を使用して、昇格コマンドプロンプトから Revu を再インストールします: https://support.bluebeam.com/jp/enterprise-installation/
MSIインストールの手順
  1. パッケージをダウンロードし、Bluebeam Revu x64 XX.msi をハードドライブに解凍します。
  2. 昇格したコマンドプロンプトから、次のように入力します(上記の手順でMSIを保存した場所へのパスを変更する必要があります)。
msiexec.exe /i "C:\PATH_TO_MSIBluebeam Revu x64 XX.msi" BB_SERIALNUMBER=XXXXXXXX BB_PRODUCTKEY=XXXXX-XXXXXXX
 
注:BB_SERIALNUMBERとBB_PRODUCTKEYは、実際のシリアル番号/プロダクトキーで置き換えてください。
 
■解決策6: イベントビューアのログを取得する
  1. Windowsの左下にある「スタート」をクリックします。
  2. Event Viewer」と入力し、Enterキーを押します。イベントビューアツールが起動します。
  3. 左側の列で、Windows Logs フォルダをダブルクリックします。
  4. Windows Logsフォルダの下に表示されているApplicationを選択します。
  5. アプリケーションをハイライトしたら、アプリケーションを右クリックし、[現在のログをフィルタリング]を選択します。
  6. [フィルタ]タブの[ログ]の横で、ドロップダウンリストから[過去7日間]を選択し、[OK]をクリックします。
  7. 次に、左の列のアプリケーションを再び右クリックし、"フィルタリングされたログファイルを別名で保存... "を選択します。
  8. 保存 コンピュータの中の見つけやすいフォルダにファイルを保存する
  9. 保存したファイルを右クリックし、Send to > Compressed (zipped) folderを選択し、Enterキーを押します。
  10. 問合せメールに送信する際に、圧縮したファイルを添付してください。
■解決策7: システム情報(MsInfo32)ファイルを取得する
  1. Windowsキー+ Rを押します。
  2. MSInfo32と入力し、Enterを押します。システム情報のウィンドウが表示されます。
  3. メニューのファイルをクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存をクリックしてください。保存先ウィンドウが開きます。
  5. ファイルの保存先を選んでください。デスクトップなど、ファイルを見つけやすい場所を選択ください。
  6. ファイル名フィールドにMSInfo32と入力して名前をつけてください。
  7. 保存 をクリックします。エクスポートプロセスが開始されます。場合により数分かかることがあります。
  8. 保存されたファイルをみつけ、メールに添付してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます