• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 6. 米国特許検索サービス 』 内のFAQ

8件中 1 - 8 件を表示

1 / 1ページ
  • 米国用IPCやUSCの辞書はありますか?

    日本国内特許検索サービスと同様に、「IPC逆引き辞書」を搭載しています。この辞書は英語での検索に対応しています。また、USCの補助入力用辞書である「USC逆引き辞書」を搭載している上、IPCとUSCとの対比表を搭載しており、IPC・USCの使い分けをサポートします。 詳細表示

    • No:1063
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • 米国用近傍検索機能は搭載していますか?

    搭載しています。日本国内特許検索サービスと同様、3語以上の近傍検索やNOT演算にも対応しています。 詳細表示

    • No:1066
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • 翻訳機能はありますか?

    「PatentSQUARE」では、日本語翻訳データの検索・表示機能をオプションサービスとして提供しています。・日本語検索 *1米国、欧州、PCT、世界特許の外国データを対象にした、日本語翻訳データ(発明の名称+要約の翻訳)の検索・一覧表示を行います。・リアルタイム翻訳 *1公報明細画面から全文を対象にリアルタイムで翻訳処理を行い、翻訳データを表示します。*1 日本語検索、リアルタイム翻訳はオ... 詳細表示

    • No:1062
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • 米国用概念検索機能はありますか?

    米国用概念検索機能は搭載しておりません。 詳細表示

    • No:1065
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • 米国用技術用語辞書はありますか?

    日本国内特許検索サービスと同様に、「技術用語辞書機能」を搭載しており、「単語辞書機能」と「同義語辞書機能」を備えています。この辞書は英語での検索に対応しています。。 詳細表示

    • No:1064
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • サービスの種類を教えてください。

    標準サービスは、次の通りとなっています。・US-A(公開公報):2001年以降発行分全件・US-B(登録公報):1976年以降発行分全件・和文抄録データ:発行分全件(JAPIO殿発行)オプションサービスで次の機能をご選択いただけます。・ワークフローSDIオプション・特許MAP作成オプション・Legal Status/Patent Familyデータ閲覧オプション 詳細表示

    • No:1059
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • 経過情報を見ることは可能ですか?

    米国の経過情報には2種類あり、米国独自で発行している「リーガルステイタスデータ(Legal Status Data)」と、PCTルートで出願された経過情報である「パテントファミリーデータ(Patent Family Data)」があります。「PatentSQUARE」では、オプションサービスの「Legal Status/Patent Familyデータ閲覧機能」で米国特許経過情報を閲覧するこ... 詳細表示

    • No:1061
    • 公開日時:2014/02/02 21:55
  • 日本国内特許検索サービスと米国特許検索サービスのインターフェースは違いますか? また、日米特許を連携させる機能はありますか?

    「PatentSQUARE」では、ほぼ同様のインターフェースで日本国内特許、米国特許に対する検索を行うことができます。また、両方のサービスにご加入いただいている場合は、それぞれの関連公報を表示する「日米連携機能」をご用意しています。 詳細表示

    • No:1060
    • 公開日時:2014/02/02 21:55

8件中 1 - 8 件を表示